トリートメント中の呼吸でお客様と一体に!?

こんにちは!鎌倉海見えサロンBeauty &wellness 鎌倉Retreat Spa SUIの田邊恭子です。

本日はトリートメント中お客様と一体になる感覚、自分とお客様の境界線がなくなるような感覚へ導くには呼吸が大切なことについて熱く語りたいと思います!

お客様もセラピストの呼吸使いによって寝ているか寝ていないかのあのふわふわした瞑想のような感覚へ素早く入ることが可能になります!

意識するポイントとしては3つ

①呼吸を止めない

手技に集中すると気付いたら呼吸をとめてしまっているセラピストさんが多くいらっしゃいます。呼吸がとまるとセラピスト自身も厳しいですし、もちろん受け手のお客様やクライアントさんもリラックス出来ません。

 

②体重を乗せるとき、一歩踏み出す時に吐き、元に戻るときに吸う

普通に生活していたら恐らく自然な呼吸になるのですが、わからなくなってしまったときに体重を乗せるときや、一歩踏み出すときに吐くことを意識すると自然な呼吸へ繋がります。

③お客様の呼吸に合わせてみる

自然な呼吸と言ってもトリートメントをしているとたまにわからなくなってしまうことがあります。そんなときはポイントや最後のホールディングでお客様の肺の辺りを見てお客様の呼吸に自分も合わせてみちゃうということです!そうすると少しづつ整い、一体な感覚に繋がります。

 

たかが呼吸、されど呼吸

呼吸に意識を向けることで、今この瞬間に集中し、マインドフルネスにも繋がります。

トリートメントは動作瞑想であると捉えております。大好きな趣味に没頭している時間、お料理に夢中になってる時間、これらは全て動作しながらの瞑想です。

トリートメントもセラピストは動作瞑想。セラピストが心地よいとお客様へもその心地良さは伝わります。是非境界線がなくなり一体となる感覚を感じてみて下さい(^^)

 

Be Well ♡Be Happy
ありのままのあなたらしい美しさへ導きます(^^)
海見えサロンBeauty&wellness
鎌倉Retreat Spa SUI
田邊恭子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP