コロナ自粛でダメージを受けた肌に対してBRで出来るケア

こんにちは!海見えサロンBeauty&wellness 鎌倉Retreat Spa SUI の田邊恭子です。

本日は新型コロナウィルスの緊急事態宣言によりご自宅から外出できなかったり、いつもの生活が出来ずに肌トラブルまでに繋がってしまったときの原因やBRケアによる改善方法をお伝えしたいと思います。

原因①感情的ストレスによる肌トラブル

外出出来ない、家族や友人に会えない、思うように仕事が出来ない等、今までと違う環境により多くのストレスが出てきていると思います。ストレスによってホルモンバランスの乱れより、肌の敏感さ、ニキビ、免疫機能の低下、コラーゲンやエラスチンの減少等からのエイジング。

BRでのケア対策

・肌の敏感さにはビオセンシブルライン【マスクビオセンシブル、ターゲットセラムビオセンシブル等】

・ニキビにはニキビケアのライン【マスクヴィヴァント、スペシフィッククリームダーモピュリフィアンテ等】

・ハリや弾力を上げる集中ケアはターゲットセラムマトリックスがオススメ

 

原因②太陽光に当たらない為ビタミンDの不足による肌トラブル

ビタミンD不足で現れる肌トラブルにはくすみや、水分不足、目元くまや、むくみ等があります。

BRでのケア対策

ビタミンD配合の製品はこちら

・ローションP50PIGM(美白のローション)

・ターゲットセラムカクテル(あらゆるエイジングケアに最適)

・スペシフィッククリームヴェルテエスポワール、クリームPピュリファイ(抗炎症の働きもある)

・Eマリン、クリームCマリン、スペシフィッククリームE&Cマリン(水分補給、ハリ、弾力にもおすすめ)

また目元のケアには下記がオススメ

・目元のくまへはOPマリン

・目元のむくみはセラムPリペアリング

・目元のくまとむくみ両方はアイパッチディファゴン

原因③家の中での汚染物質による肌ダメージ

以前のブログに外気による汚染物質【ポルーション】についてお伝えしましたが、家の中にいても洗剤等の化学物質によるポルーションにさらされています。ポルーションは肌の老化へ繋がります。

BRでのケア

・スキンタイプに合ったローションP50

・VIPO2シリーズ

・浄化のスペシフィッククリームダーモピュリフィアンテ

 

原因④運動不足からの血流の滞り

脚のむくみや、体重の増加、腸の滞りなど身体に対する不調が出てきます。

BRでのケア

・脚のむくみにはレッグオイルリラクシングやリラクシングクリーム

・体重の増加、スッキリさせたいときはボディオイルAC、ファーミングボディクリームMC110

・腸を整えお腹周りをスッキリさせたいときは、ボディオイルドレナージュ

コロナで応じた肌トラブルや対策をまとめました。普段のビオロジックルシェルシュの使用方法と変わりはありませんが、精神的なストレスというのが大きく関わって来ていると感じます。

コロナによっての肌の変化のことだけでなく、普段のスキンケアで気になること等ございましたらご相談にお応えいたします。お気軽にお問い合わせください(^^)

 

ビオロジックルシェルシュ フェイシャル

▶️詳細はこちら

トリートメント通常1万5千円➡️初回体験1万円でお受けいただけます。

▶️ご予約はこちらから

決してインターネット販売はされておらず、セラピストによる肌診断が必要なブランドになります。幣サロンでは、WEBカウンセリングにてオンラインご購入のご案内もさせて頂いております。

新規でのご購入、海外でのご購入後に日本でも使用を続けたいというお客様もご相談頂けたらと思います。

 

■方法

①zoomやラインによる直接お顔を拝見してのカウンセリング。

②お電話によるお肌状態のカウンセリング。

③メールにてお肌状態をお伺いしてのカウンセリング。

 

どちらの場合も一度

お問い合わせフォーム

または、

よりご連絡頂けますと幸いでございます。
①②の場合はお日にち、お時間の決定をさせて頂き、③の場合はそのままお肌のお話をお伺いさせて頂きます。

お支払い方法はPaypal、または銀行振り込みになります。1万円以上のご購入で送料手数料は無料です。
ご相談だけの受付もしておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

肌が生き生きすると、人生も活き活きする
内側から輝き出す心と身体をつくりだす。

Be Well ♡Be Happy
ありのままのあなたらしい美しさへ導きます(^^)
海見えサロンBeauty&wellness
鎌倉Retreat Spa SUI
田邊恭子

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP